神待ちの基本

「神待ち」という言葉は、誰でも知っているという種類のものではないが、出会い系サイトやその種のサイトを利用している人であれば一度ならず耳にした、目にしたことがある言葉に違いない。一体誰が使う言葉なのか。この「神」とは誰のことを指すのか。そしてなぜその「神」を待つのか。

神待ちをするのは基本的には家出少女である。家出をしている彼女たちの多くは当然のことながら寝る場所がなく、大抵の場合食事をするお金も持ち合わせてはいない。中には衣類や日用品にも不自由している少女も少なくはない。そういう少女たちは自分は家出少女であり、寝場所や食事を提供してくれる相手を探している時に専門サイトや出会い系サイトなどで使う言葉が神待ちである。

このような神待ちをしている少女たちにとっての神というのは、もちろん彼女たちに寝場所、食事、時には衣類や日用品等を提供する男性のことである。彼女たちを受け入れる男性のほとんどは一人暮らしである。少女たちに衣食住を提供する彼らはその見返りに肉体関係を求めることがほとんどであることから、基本的には援助交際と同じと見なすことが出来るかもしれない。

一緒にいる間は同棲している恋人同士の関係にも通じるところがあり、最初はただの肉体関係であったとしても、恋愛関係に発展することも決してなくはない。ただ家出少女にとってこのような男性たちはただ単に衣食住をセックスを見返りとして提供してくれる相手であることが多く、恋愛感情を抱くのは受け入れる男性側だけのものに終わってしまうことが多い。
無料で神待ち掲示板を利用する⇒無料神待ち掲示板

このページの先頭へ

イメージ画像